MENU

お電話によるお問い合わせ06-6367-2391営業時間:日〜木曜日午前10時〜午後8時、金・土曜日午前10時〜午後9時※営業時間は変更となる場合がございます。

ブライダルサロンブログ

2013年5月18日

結納と顔合わせについて

いつもブログをご覧頂きありがとうございます(^^♪

今日は結納・顔合わせについてお話しさせて頂きます。

 

結婚がお決まりになり、お互いの両親へ挨拶を済ませたらいよいよ両家の顔合わせです!

最近は結納を交わさないカップルが増えてきていますので、

結納の代わりとしてお互いの家族を紹介するためにお食事会をセッティングされる方が多いです。

その際、新郎新婦が記念品を交換する等イベントを盛り込めば、場が和やかになりそうですね!

 

 

結納を交わす場合は、

事前に両家が挨拶の為に食事会を開き今後の段取りについてお互いの意向を調整すると

後の準備がスムーズに進められますよ(^_^.)

結納は、挙式の平均6ヶ月~3ヶ月前に行うのが一般的で、

仲人が両家を往復して9品の結納品(目録)や結納金を届ける「正式結納」と、

仲人を立てず記念品に婚約指輪を贈る「略式結納」があります。

また、地方によってもスタイルは様々なので、どのようなスタイルで行うか双方のご両親に確認が必要ですね。

 

 

結納・顔合わせの会場としては、

昔ながらの結納の名残で新婦の自宅で行う場合もありますが、

最近は料亭やレストラン、下見も兼ねて挙式なさるホテル等で行うケースが多いです。

 

食事会は両家初めての対面の場で、ふたりの婚約を確認し合う大切なイベントです。

日程や場所に関しては、

新郎新婦がそれぞれのご両親の意見を聞いたうえで、

希望を調整しお互いが納得できるようにまとめられれば、

気持ち良く当日を迎えられそうですね(>_<)

 

ウェディングデザイナー 引地

**********************************************************************

ウェディングアイテムをお探しの方!

お友達へのご結婚祝いのプレゼントをお探しの方!

 

阪急ブライダルサロンオンラインショッピングは⇒こちらをClick!

 

PAGE TOP