MENU

お電話によるお問い合わせ06-6367-2391営業時間:日〜木曜日午前10時〜午後8時、金・土曜日午前10時〜午後9時※営業時間は変更となる場合がございます。

ブライダルサロンブログ

2015年8月4日

男性の場合、靴、ネクタイのマナー

ネクタイは光沢のある白やシルバーが無難ですが、スーツに合っていれば派手すぎない明るめの色のネクタイでも問題ありません。
黒は柄入りでも縁起が悪いので、避けましょう。
靴は黒のストレートチップ(ひも付)がフォーマルシューズとしての基本です。
つま先に穴の開いたメダリオンデザインでなければ、プレーントゥでも良いでしょう。
靴下については、ミドル丈の黒無地が基本です。
ストライプ柄の靴下はモーニングを着用するお父様やご媒酌人などに限られています。

男性の場合、服装の基本マナーは?

新郎より目立たない服装で、ブラックのフォーマルスーツ、もしくはチャコールグレーや濃紺などのダークスーツ
が一般的とされています。ジャケットとパンツが別々のブレザースタイルや裾がダブルのパンツはカジュアルな印象になるので、
フォーマルな席にはふさわしくありません。

女性の場合、服装の基本マナーは?

新婦よりも目立たない服装にしましょう。あくまでも主役は新婦です。
白は花嫁が着る色なので、白以外のパーティドレスを着用し、黒の多用は避けましょう。
黒は喪服をイメージしかねないので、黒いドレスを着用する場合は、アクセサリーや小物類で華やかに装いましょう。
肌の露出には注意。肩が出るパーティドレスにはストールなどの着用を。
行き過ぎたメーク、ノーメークは避け、結婚式という事を意識して、パーティシーンにあったメークを心がけてください。

女性の場合、靴、バック、小物のマナーは?

靴はフォーマルに。ミュールやオープントゥ、ブーツといったカジュアルな印象を与えてしまう靴は避けましょう。
ストッキングについてはナチュラルカラーを選びましょう。
小物についても気をつけることがあります。動物の殺傷を連想させるため、ハ虫類革のバッグは避けましょう。
ファーも避けたほうが無難です。

PAGE TOP